放課後等デイサービスで活用できる助成金・補助金一覧

「放課後等デイサービスで使える助成金や補助金には何がある?」

「どの助成金・補助金なら申請できるのか分からない・・・」

という疑問にここではお答えしていきます。

放課後等デイサービスの立ち上げで必要な費用は約1,500万円程かかると言われており、運転資金なども考えると、経営には相当な額の費用がかかります。

そこで放課後デイサービスの開業時に活用したいのが、助成金や補助金です。助成金・補助金は国や自治体から交付されるお金であり、融資とは違って返済が不要なものです。

開業してしばらくして使える助成金があったと気づいた場合はもったいないと感じる方は多いはずです。

この記事では放課後等デイサービスで活用できる助成金をご紹介していきます。

放課後等デイサービスの資金繰りでお困りではありませんか?

ケアファクタリングは障害福祉専門のファクタリングサービスです。

ご利用いただくと、入金日が遅く困りがちな国保連への請求を最短3営業日で資金化することができます。

多くの放課後等デイサービス事業様にご利用いただいており、資金繰り改善のサポートをさせていただいております。

\資金繰りについて相談するだけでもOK!/

目次

助成金と補助金は後払いであることに注意

開業資金や運転資金として助成金と補助金をうまく活用しようとした場合、前提として助成金や補助金は後払いであることに注意しなければなりません。

例えば、開業前に助成金や補助金を受け取って、その資金を施設の立ち上げのための資金として使うというのは難しいです。

開業した後、申請した助成金や補助金が後から振り込まれるというイメージです。

国や自治体からもらえるお金ではありますが、何もしないで受給できるものではありません。条件や審査をクリアして始めて支給されるものなので注意が必要です。

放課後等デイサービスで申請できる助成金

放課後デイサービスで申請できる助成金には以下のようなものがあります。

  • 人材確保等支援助成金
  • キャリアアップ助成金
  • 時間外労働等改善助成金

人材確保等支援助成金

人材確保等支援助成金は魅力ある職場づくりのために労働環境の向上等を図る事業主や事業協同組合等を対象として助成金になります。

いくつか助成金のコースが分かれており、放課後等デイサービスの対象となるものとして、I 雇用管理制度助成コースがあります。

雇用管理制度助成コースは離職率の低下を達成すると支給される助成金になります。

詳しくは以下をご参照ください。

参照:人材確保等支援助成金

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等の非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む)の企業内でのキャリアアップを促進する取り組みを行った事業者に対して支給される助成金です。

I 正社員化コース

キャリアアップ助成金の中でも放課後等デイサービスが活用できるのは「I正社員化コース」です。

I正社員化コースは有期契約労働者等の正規雇用労働者等への転換、または派遣労働者を直接雇用した事業主に対して支給されるものです。

例えば、契約社員を正社員登用しキャリアアップをさせるといったことを実施すると28万5千円程度支給されます。

場合によって変わるので、詳しくは以下をご参照ください。

参照:キャリアアップ助成金

放課後等デイサービスで活用できる補助金

次に、放課後等デイサービスで活用できる補助金についてご紹介します。

放課後デイサービスで申請できる補助金には以下のようなものがあります。

・IT導入補助金

IT導入補助金

IT導入補助金は放課後等デイサービスも含む、中小企業や小規模事業者がITツールを導入するときに経費の一部を補助するものです。

補助金の対象となるものにはソフトウェア購入費、クラウド利用料、導入関連費といったものが挙げられます。

放課後等デイサービスでいうと、請求ソフトの導入等で活用できます。業務の効率化のために必要な請求ソフトの導入費用を補助金でカバーすることができます。

パソコンの購入も可能に

また、従来はパソコンといったハードウェアの購入費に関しては、IT導入補助金は対象外でしたが、デジタル化基盤導入枠というものが新たに設けられ、パソコンの購入などにも補助金が申請できるようになりました。

ただし、「会計」「受発注」「決済」といった機能を備えたソフトウェアを一緒に導入するといった条件を満たす必要があります。

例えば、デスクトップパソコンのみを購入する場合には補助金はおりず、デスクトップパソコン+ソフトウェアを購入すると補助金がおります。

IT関連の備品は放課後等デイサービスなどでも必須となるものなので、IT導入補助金は上手く活用していくと良いでしょう。

参照:IT導入補助金

助成金・補助金以外の資金調達方法

ここまで、放課後等デイサービスの助成金・補助金についてご紹介してきましたが、条件に合うものがなく受給できないという場合も多いかと思います。

助成金・補助金がうまく活用できない場合、他の資金調達方法としてはファクタリングサービスがあります。

ファクタリングは国保連への請求を買い取り、国保連からの入金前に早期資金化できるというサービスです。最短で請求から3~5日で資金化することができるため、資金繰りに困った場合はファクタリングを活用してみても良いでしょう。

ファクタリングについては『ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットを障害福祉事業者向けに解説』で解説をしています。

まとめ

以上、放課後等デイサービスで活用できる助成金と補助金について解説をしてきました。

助成金や補助金は制度が複雑で難しいですが、運転資金や資金繰りにも使えるものもあるため、活用できるものは活用していくのが良いでしょう。

もし、資金繰りに困っているという方は、弊社に一度ご相談ください。

放課後等デイサービスに詳しいプロのコンサルタントが経営に関するご相談に乗ります。また、放課後等デイサービス向けのファクタリングサービスもご提供しており、資金調達や資金繰りの改善をサポートしています。

ご興味がある方は、まずは資料をご覧ください。

>ケアファクタリングサービス紹介資料のダウンロード(無料)はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる